綺麗な顔に生まれ変わろう

二重にしたい!埋没法と切開法の違い

どちらの方法が良いのか

糸を埋め込むのが、埋没法になります。 メスを使わないので、施術に対して恐怖心を抱いている人におすすめです。 負担が少ない面も魅力ですね。 また切開法に比べて、気軽に実践できる整形だと言われています。 コンプレックスを解消したい人は、受けてみましょう。

切開法を選択しよう

まぶたを切って、二重を作るのが切開法になります。 この方法は、元に戻りにくいという面が好まれています。 確実に綺麗な二重を入手したい人は、切開法を選択するのがおすすめです。 埋没法よりダウンタイムが長いので、1週間ほど休みを確保してから施術を受けましょう。

予算を考えて方法を選択しよう

どちらの方法が良いか迷ったら、費用で決めるのも良いと思います。 埋没法と切開法では、費用が大きく異なります。 用意できる予算が少ない人は、埋没法を選択するのがおすすめです。 埋没法の方が安い費用で、施術を受けられます。 事前に予算を決めてから選びましょう。

埋没法の特徴を知ろう

埋没法は、まぶたに特殊な糸を埋め込んで二重のラインを作ります。
この方法は、負担が少ない面がメリットです。
綺麗になるための整形でも、顔にメスを入れることに対して恐怖心を抱いている人が多いでしょう。
埋没法は糸を通すだけなので、傷跡が残りにくいです。
さらに、施術の時間が短くて済みます。
術後は多少腫れますが、それもすぐに戻ります。
ですから仕事帰りに病院へ寄って、施術を受けることもできるでしょう。

自分の瞼を利用して二重を人工的に作り出す手術が切開法です。
身体に与えられる負担が大きいですが、二重が永遠に残る面がメリットです。
人によっては埋没法を受けた場合、時間が経過すれば二重のラインが元に戻ってしまうかもしれません。
何度も施術を受けることになるので、肉体的な負担や経済的な負担が増えてしまいます。
切開法だったら、1回施術すれば綺麗な二重を手に入れることができるでしょう。
術後の腫れがが、長引く可能性があります。
しっかり休みを確保してから、施術を受けに行きましょう。

費用を比べると、埋没法の方が安いです。
埋没法は両目で10万円前後、切開法は両目で20万円前後とかなり価格が違います。
用意できる費用を考慮して、どちらの方法を選択するか決めても良いですね。
どちらにしても高額に感じますが、この金額には施術前の細かい検査や、術後の検診も含まれています。
整形を受けてトラブルが起こったら大変なので、腕前の良い医師を探しましょう。